softbank

1/2ページ

ドコモが完全子会社化にKDDI,Softbank,楽天が意見書提出へ

NTTドコモが持株会社のNTTによる完全子会社化を2020年11月末までに完了しNTTドコモはNTTの完全子会社となりました。 そのドコモの完全子会社化に対して、他のKDDI、ソフトバンク、楽天らの通信キャリアからの危機感から意見書を総務大臣宛に提出する意向を固めました。 その内容についてはいったいどの様なものなのでしょうか? 一度分社化したNTTグループが徐々に元の姿に戻り巨大化する中、今後の展 […]

au、Softbankのサブブランド間の乗り換えを総務大臣が指摘

管新政権発足の後、携帯キャリア及びMVNOにたいして、アクションプランを提示した武田総務大臣は、2020年11月27日の記者会見にてブランド間の乗り換え問題について、苦言を呈しました。 KDDIとソフトバンクは、この会見をどの様に受け止め、どの様に対応するのかが気になるところ。 この問題とはどの様なものなのでしょうか? さらにはについて、KDDI、ソフトバンクはどの様に対応を行うのでしょうか? こ […]

管新政権のアクションプランに対してサブブランドだけの値下げに苦言

管新内閣が発足した後、2020年10月27には総務省から「モバイル市場の公正な競争環境の整備に向けたアクションプラン」を公表しました。 その結果、ソフトバンク及びauのサブブランドのY!mobile、UQmobileから20GBで4,000円前後の料金プランが発表されました。 これを受け、様子見をしていたが肝心のソフトバンク及びauからは料金の値下げのアナウンスは有りません。 この状況を鑑みて、2 […]

総務省が5G周波数帯に1.7GHzを追加割当計画を発表

総務省は2020年11月20日に5G周波数帯として、現在東名阪に割当られている1.7GHz帯以外のエリアについて5G用の周波数として追加割当を行うと発表しました。 この1.7GHz帯の周波数については、NTTdocomo(東名阪)、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの4社が各々20MHz×2つの帯域を割り当てられています。 今回の計画で対象となるのは、NTTdocomoが東名阪で割当られている1 […]

大手通信キャリア4社の中で満足度が楽天が総合1位に

MMD研究所が2020年11月9日に大手4キャリアの顧客満足度調査を行った結果を発表しました。 この調査は、2020年11月の通信サービスの利用状況を15歳〜69歳に対して、年齢別に男女各300名、合計1,200名を対象として実施したものです。 結果はというと、総合第1位に楽天モバイルが選ばれる結果となりました。 その調査内容を見ていきましょう。 楽天が総合1位になった内容とは? MMD研究所は定 […]

TCLから5G対応スマホ「TCL 10 5G」が低価格帯で登場

5G

TCLシリーズを販売するFOXから2020年11月10日に5G対応の「TCL 10 5G」を11月24日に発売することを発表しました。 この「TCL 10 5G」は、ミドルレンジのスマートフォンで、税込み39,800円で販売するとの事。 5G対応スマートフォンは概ねハイスペックモデルが多い中、ミドルレンジの低価格帯のスマホの登場は、5Gを使いたいけど…といった方の敷居を下げて5G回線への以降を進め […]

iPhone12シリーズを購入するには5G回線契約は必須なのか?

5G

2020年10月23日に発売されたiPhone12とiPhone12ProはiPhoneシリーズ初の5Gに対応したモデルになっています。 iPhone12シリーズ全4機種共に5G回線に対応しており、5Gエリア以外では4G通信が可能です。 iPhone12シリーズを購入する際には5G契約したSIMを契約する必要があるのでしょうか? 5Gのサービスエリアは大手通信キャリア4社ともに未だまだ狭く5Gの恩 […]

総務省が通信キャリアに向け料金値下げを指示!MNPの無料化やeSIM活用も

管新内閣になり、様々な変化が起きつつあります。 その中でも総務省が携帯電話料金の値下げやMNPの無料化、eSIMの活用などを訴えています。 その背景にはコロナウィルスだけでなく、様々な環境変化も後押ししての働きかけでは無いだろうか? 政府が発表したアクションプランとは一体どういったものなのだろうか… そして、今後どの様な影響があるのか気になったので調べてまとめてみましたので、何かのお役に立てたらと […]

格安SIMのワイモバイルも料金値下の新プラン発表も割引率が低く見直しか?

5G

総務省の御達しにより、大手通信キャリアは一斉に料金値下げを行う意向を示したが、それに追従するように格安SIMキャリア各社も料金を値下げした新プランを相次いで発表しています。 Softbankの直系子会社のY!mobile(ワイモバイル)についても同様の値下げを発表しましたが、あまり目立った値下げとなっていないようです。 ワイモバイルの発表した新プランは、月20GBの容量で、基本料金を4,480円と […]

Y!mobile(ワイモバイル)が最安プランを改善、容量超過時の速度アップへ

ソフトバンクのサブブランドのY!mobile(ワイモバイル)が提供する最安となる月間3GBプラン「スマホベーシックプランS」の月間容量超過時の通信速度制限を引き上げました。 このスマホベーシックプランSは月間の容量超過時の速度制限を128kbpsのところ300kbpsに改善し、スマホベーシックプランSを改定しました。 これにはどの様な意図があるのでしょうか? Y!mobile(ワイモバイル)の料金 […]