iPhone12の発売が遅れたことによる携帯ショップへの影響は?(1/2)

NO IMAGE

2020年10月23に待望の[iPhone12シリーズ」が発売となりました。
ラインナップは、iPhone12、iPhone12 mini、iPhone12 Pro、iPhone12Maxの4機種
そのうち、先ず発売になったのがiPhone12、iPhone12 Proの2機種

発表され予約が開始した際にはAppleの直販サイトや各キャリアのWebサイトが繋がりづらくなるなどの影響がみられ、売れ行きは好調のようです。

iPhone12がようやく発売され、携帯ショップの反応は?

コロナの影響で、実店舗で営業を続けている携帯ショップは活気がなくなっていた。
そんな中、新型iPhone12シリーズの発売を受け、売り場に活気が戻って着たようです。
いつ出る、いつ出ると待ちわびる声も聞こえる状況にかなり朗報だったようです。

通常であれば、新型のiPhoneの発売は、9月中旬から下旬に掛けて行われます。
今年は、コロナの影響もさることながら約1月遅れての発売となりました。

1月遅れた事による影響は?

携帯ショップに務めるベテラン店員の知り合いに現状を聞いてみました。

iPhoneの新機種の発売は、ここ数年は9月頃にされていましたので、新機種を求める方が9月に来店された際には、答えることが出来なかった。
そのお客さんが、また着てくれれば良いのですが、来るとも限りません。
営業の機会損失は否めないとその方は仰っていました。

そうですよね。
携帯電話を買い換えるタイミングは、おおよそ2年〜5年
2年前だと、iPhone XSが発売された時期です。
2年後に買い替えをするタイミングがずれてしまったことで、機会を失った感は強いようです。

さらには、48回払いなどの分割で購入された方は、残りが24回分の支払いが免除されるタイミングで買い替えが出来るはずでしたが、その機会を逃したことがとても大きいとのこと。

この様な販売プログラムの場合、新機種が同時期に発売されなければ、下取りなどのタイミングを逃すことになり、ユーザー側も販売する側もデメリットが大きいようです。

さらにはこんな声も

発売が遅れたことに対して、この様な声もありました。

実は、iPhoneは一定の期間で決められた台数を販売するノルマがあります。
その期日は9月末にありましたが、新機種が10月にずれ込んだことで、ノルマを達成することが出来ませんでした。

iPhoneの販売数ノルマについては、2期連続でクリア出来ないと、クリア出来なかった販売店はiPhoneの取り扱いができなくなってしまうんです。

そして、iPhoneは実のところそこまで人気機種かというと年々予約数が減少している傾向にあるので、新機種が出てきたとしても販売台数をクリア出来るか出来ないかはいつも瀬戸際とのこと。
新機種が出れば…と楽観的にいたわけではないとのこと

実際のところ、大手通信キャリアのショップや都心部の量販店では影響は出ていませんが、郊外のショップなどでは2019年頃から、取り扱いが店舗が増え始めているそうです。
それら背景を考えると、9月のノルマがクリア出来なかったことは非常に大きいとの嘆いておられました。

当然のことながら、新機種が出る噂が広れば、既存モデルの販売は落ちる一方で販売はより一層難しい状況になります。
昔は、割引を増したりしたりして古い機種を安価に売ることも出来ましたが、今は端末と回線は別になっているので、安易に端末を割り引くことが出来ない状況です。

そもそも、iPhoneは郊外などの地区では、価格の安いAndroidスマホやシニア向けのスマホが売れ筋で、売りづらい状況です。
大手通信キャリア経由のiPhoneを取り扱う量販店等では、iPhoneに絞った形のノルマが設定されており、先述した様に2期連続でノルマをクリア出来なかった場合は、iPhoneの取り扱い権利がなくなってしまう形になります。

新型iPhoneは9月に新型機種が発売されてから半年程度、終わりは春商戦頃までで販売は続きます。
春商戦を過ぎると、新型に興味が移り、販売が伸び悩みます。

昔は、割引を増やすことで、売り切る事が出来ました。
なぜかというと、iPhoneの「iOS」はアップデートが長期間行われるので、型落ち感が少ないので、「安さ」で購入される方がいるので売り切る事が出来ていました。

しかしながら、2019年10月に電気通信事業法が改正されて、端末代金と通信費を明確に分けなくてはならなくなったため、割引をすることが難しくなり売り切る事が難しくなりました。

そうは言えども、iPhoneは発売日等の瞬発力が高いため、それだけでもノルマを達成することがしやすい商品です。
しかしながら、9月に新製品が販売されず、発売が10月、11月とズレ込んだ事による影響は大きく、次期もノルマをクリア出来なければ、iPhoneが取り扱えなくなるリスクを抱えることになってしまっているのが実情です。