iPhone12とPixel5は共通点が多い?スペックを比較してみた結果

NO IMAGE

iPhone12シリーズがAppleより続々と発売されていて世の中の話題となっている様ですが、Googleから発売されているPixel5もiPhone12と同時期に発売されました。

iPhone12とPixel5はいづれも5Gに対応し、デュアルカメラ搭載と似ている点も多い。
これらの2機種の共通点や相違点をまとめてみました。

iPhone12とPixel5は共通点が多い?

iPhone12はiPhone12シリーズ4機種の中で標準的なモデルとなっています。
一方のGoogleから発売されたPixel5は、iPhone12のライバル的な存在となり、共通点も多いです。

プロセッサーはiPhone12はiOS向けの最高峰であるA14 Bionicを搭載しており、AppleはAndroid端末の1.5倍の能力と謳っているもの
その一方で、Android向けのプロセッサーの最高峰といえば、Snapdragon865になるが、Pixel5が搭載しているのは、ミドルエンドのSnapdragon765Gとなっています。
プロセッサーにおいては、iPhone12に歩がありそうです。

サイズ

サイズはというと、iPhone12の方がPixel5に比べ0.6mmほど薄い
それ以外の幅と高さについては、Pixel5の方が小さく、全体的な印象はPixel5の方が小ぶりの印象です。
重量は、Pixel5の方が11g程、iPhone12より軽量となっています。
片手での持ち易さは、Pixel5の方が多少分がありそうだが、大きな差はない

ディスプレイ

ディスプレイは、両機種ともに有機ELを採用しており、サイズはiPhone12が6.1型、Pixel5は6.0型とほぼ同じサイズです。
解像度はと言うと、iPhone12が1,170×2,532(460ppi)ピクセル、Pixel5が1,080×2,340(432ppi)ピクセルとiPhone12の方が高スペックになります。
しかしながら、インカメラの配置はiPhone12は従来と同じノッチに配置されていますが、Pixel5はパンチホールを採用しているため、同じコンテンツを見たとしても、Pixel5の方が表示領域は広くなり、Pixel5に歩があります。

メインメモリ&ストレージ

メインメモリの容量については、iPhone12は公表されていませんがおおよそ4GBとされれいます。
対するPixel5ですが、8GBのメモリを搭載していますが、プロセッサーとの関係性があるので総合的に評価したいところ。

ストレージについては、iPhone12シリーズ全て及びPixel5双方、外部メモリに対応していません。
内蔵ストレージは、iPhone12は64GB、128GB、256GBの3種類がラインナップされており、その中から選択して購入することが可能です。
Pixel5はどうかと言うと、128GBの1択のみ。
256GBの選択肢がある、iPhone12の方がストレージについては歩があると言えます。

充電方法

充電方法は、2機種ともワイアレス充電に対応しており共通点としては大きい要素になります。

iPhone12は磁石で接続する形のMagSafeを搭載し、MagSafeに対応した充電器を使用することで、位置合わせが容易に出来き、利便性と高効率のワイアレス充電を実現しています。
MagSafeはiQ規格に準拠しているとの事ですが、Apple独自の機構となっているため、Pixel5には対応していません。

Pixel5の方はと言うと、Pixel5から他のワイアレス充電に対応しているデバイスを充電する事がかのうなリバース充電に対応しているのが特徴です。

いつれのワイアレス充電も特徴的で一長一短があるのでイーブンと言って良いでしょう。

カメラ

カメラについては、iPhone12とPixel5の両機種ともに1,200万画素の広角と超広角レンズを搭載したデュアルレンズを採用しています。
iPhone12、Pixel5共にポートレート写真や夜景撮影のモードに対応しており、類似点が多い
また、両機種ともに画像処理においては、デジタル処理で画像を生成する”コンピューテーショナルフォトグラフ”に注力していて、写真などの画質や画像処理についても共通点が多い

カメラで異なる点は、iPhone12はDolby Visionに対応したHDR動画が撮影可能であることと、インカメラの画素数が1,200万画素とPixel5の800万画素より高画質になっている点です。

防水性能

防水性能については両機種ともに同じ。
非接触ICのFeliCaに対応し、デュアルSIM(nanoSIM・eSIM)、3.5mmイヤフォンジャックなし等も共通している。
対応周波数についてもほぼ同じで、5Gの周波数帯はSub6で国内モデルはミリ波に対応していない点も共通です。

生体認証

生体認証については、両者で大きく違いがあります。
iPhone 12は指紋認証を搭載しておらず、顔認証のみ搭載。
Pixel 5はiPhone12と逆で、顔認証はなく指紋認証のみとなっています。
コロナ過でマスク装着時が多くなっているので、現状からすると指紋認証を搭載したPixel5の方が歩がいい。

価格帯

価格については、プロセッサーをミドルレンジのものを搭載しているPixel5の方が安価になっています。
iPhone12は最も易い64GBモデルで85,800円(税別)だが、Pixel5では128GBで68,000円と1万円強安価な設定になっています。

コスパのことだけであればPixel5が優位で、インカメラ等を使う事が多い方についてはiPhoneとなるでしょう。

しかしながら、iPhone12はiOS、Pixel5はandroidになるため、そもそも既に使っているOSのものを選ぶ方が大半を占めます。
それらの方が、OSが変わってもいいくらいの差はさほど無いため、iPhone12とPixel5の勝負とするならば、イーブンと言えます。