iPhone12のカメラ性能はiPhone11程のレベル差はあるのか?(2/4)

NO IMAGE

iPhone12のカメラ性能について見てきましたが、良くはなっているものの、iPhone11から買い替えしてまで必要あるかといえば、人物を撮影するまでは、必要がなさそうな感じでした。
人物撮影で見えてきた、iPhone12の真価をご紹介して行きます。

人物撮影で進化が見えてきた

人物撮影では、通常モードとポートレートモードで撮影を行ってみましたが、ここに来て大きな違いが見えてきました。

普通に撮っているだけでもiPhone12の方が、背景と人物をしっかりと認識して画像処理が行われていて、人物の顔の表情が明るく描写され、実際肉眼で見ている映像に近い描写になっていることが分かりました。
これは、広角カメラのF値がF1.8からF1.6とレンズが明るくなっていることも影響しているとは思いますが、描写エンジンが大幅に進化を遂げていることも同時に分かりました。
逆光気味にポートレート写真を撮影してみると差は歴然で、人物や顔の表情が明るく描写されます。
この差は、専門的に使う方でなくてもとても良い進化となっています。

今までのiPhone11までの被写体の描写は特定の被写体に合わせる様な処理はあまり強くありませんでしたが、iPhone12に関しては、撮影した画像を瞬時に解析し最適な明るさになるように色合いを調整していることが明確に分かります。

ポートレートモードでの差は、人物の抜けの部分、例えば脇の下からの背景が抜けて見えている部分の処理に大きな違いが出ました。
iPhone11では、脇の下の抜けは人物と同じ処理が施されていましたが、iPhone12では脇の下の抜けの部分もしっかりと背景と同じボケ処理が施される様になっています。
これは大きな進化で、下手な一眼レフよりもキレイで正確な写真を誰でも撮れるようになっています。

この処理はインカメラでの自撮りのときも有効で、人物を明るめにしたり、ボケ処理をしたりがiPhone12では正確に処理がされるように進化しています。

人物を撮ることが多い方は、iPhone12に買い替えをした方が、よりキレイで失敗の少ない映像が撮れるので、iPhone12はおすすめの1台と言えます。