iPhone12MiniとXperia5Ⅱコンパクト5G対応端末比較

  • 2020.10.21
  • 5G
NO IMAGE

最近のスマホは高機能化が進み、若干サイズが大きくなる傾向になっています。
それもそのはず、機能を詰め込もうとすればそれらを搭載するためのスペースが必要です。
さらには、消費する電力も大きくなるので、当然の流れです。

その様な中でも、コンパクトサイズをiPhone12シリーズではMiniといった形で製品化され人気を集めそうな予感がしています。
iPhone12 Miniと比較となると既存のAndroidスマホの中ではXperia5Ⅱが5G対応スマホの中では比較対象になるかと思われます。
この様なコンパクトタイプのスマホを比較してみていきましょう。

iPhone12 MiniとXperia5Ⅱはどう違う?

iPhone12シリーズの中で待望のMiniモデルが登場しました。
iPhone12Miniは、iPhone12シリーズで標準的に搭載となっているA14Bionicチプやデュアルカメラを搭載し、ディスプレイサイズを5.4型と小型にしたモデルになっています。

小型タイプは日本の女性の手に合った大きさで、手にとって他のiPhoneと比べると持ち易い印象を受けるでしょう。
基本的にスマホは両手持ちで操作される方は少ないので、小型タイプを好む方は多くいます。

この様な小型タイプで5G対応のAndroidスマホを見てみると、縦のサイズは大きいですが、手に持つ際に影響する横幅が同程度だと、”Xperia5Ⅱ”がります。

ここでは、サイズ的にiPhone12MiniのライバルになりそうなAndroidスマホの”Xperia5Ⅱ”と比較して見たいと思います。

Androidスマホでは、5型程度の小ぶりなスマホを見かけなくなりました。
最近小型で見かけるとすれば、RakutenMiniやAQUOS R2 compactが思い浮かぶ方もいるとは思いますが、iPhone12と比較すると世代的には古いモデルとなるので、ここでは5Gに対応したモデルの中で比較をして行こうと思います。

【Xperia5II】

5G対応のAndroidスマホの中では小型に分類されるのがXperia5Ⅱです。
ディスプレイサイズは6.1型と少し大きいが、アスペクト日が21:9と縦長の構造になっています。
これは持ち易さに配慮した結果で、横幅は68mmに抑えられているため縦長楮になっています。

5Gに対応しており、プロセッサやカメラのスペックをみてもiPhone12に引けを取らないスペックになっています。

小型モデルということで、サイズを見ていきますが、

iPhone12Mini:(幅)約64.2×(高さ)131.5×(厚み)7.4mm
Xperia 5 II :(幅)約68×(高さ)158×(厚み)8.0mm
となっており、iPhone 12 miniの方が一回り小さくて薄くなっています。

先述したとおり、Xperia5IIはアスペクト比が21:9と縦長になっていますので、iPhone 12 mini比べると、約26mmも長くなっています。
重量はというと、iPhone 12 miniは約133g、Xperia5IIは約163gとなっており、iPhone 12 miniの方が30g軽くなっています。

【iPhone 12 mini】

Xperia5IIはかなり縦長の印象で、Xperia5IIは6.1型、iPhone12miniの5.4型となっています。
画素密度についてはiPhone12miniの方が気持ち高い程度。
Xperia5IIのディスプレイは、リフレッシュレートが最大120Hzに向上しているので、より滑らかな表示が可能となっています。
iPhone 12 miniのディスプレイのリフレッシュレートは恐らく60Hzと思われます。

iPhone12miniには画面にノッチがありますが、Xperia5IIの画面にはノッチなどの切り欠きがありません。
動画鑑賞などのし易さはXperia5IIに歩があるとといえます。

内部ストレージについては、iPhone12miniの方が豊富です。
しかしながら、Xperia5IIは外部メモリを増設可能です。
外部メモリに対応していないiPhone 12 miniにはない強みとなります。
iPhone12シリーズで採用されたMagSafeを用いたワイヤレス充電はiPhoneのみが対応となります。

プロセッサ

プロセッサについては、iPhone12MiniはA14Bionic、Xperia5ⅡはSnapdoragon865を搭載していて、いづれもハイエンドチップを搭載しています。
AppleはA14Bionicは他のスマートフォンに搭載されているチップよりも50%性能が優れているとしているが、実際の性能はより詳しい検証をしてみないとならないので、今回は割愛させて頂きます。

カメラ

搭載されているカメラでは大きな違いがあります。
Xperia5IIは、望遠カメラを搭載していますが、iPhone 12Miniは搭載していません。
iPhone12シリーズで望遠カメラ付きのモデルは「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」の2機種となっています。
iPhone 12とiPhone 12 miniは広角+超広角カメラのデュアルカメラとなっています。

その一方で、インカメラXperia5Ⅱが800万画素ですが、iPhone12miniでは1200万画素となっており、iPhone12Miniに歩があります。

防水性能や認証機能は?

防水仕様やFeliCa対応は両モデルともに対応になっています。
生体認証はiPhone12は顔認証のみでXperia5Ⅱは指紋認証のみになっています。

他の違いとしては、SIMスロット。
iPhone12MiniはnanoSIMとeSIMのデュアル対応となっていますが、Xperia5ⅡはnanoSIMのシングル仕様。Xperiaはシムフリーモデルが存在していてそちらのモデルの場合は、nanoSIMのデュアルスロットになっています。

大きな違いは価格

最も大きな違いとしては、価格が大きな要素では無いでしょうか?
比較として、同じストレージを持つiPhone12Miniの128GBモデルで比較してみるとiPhone12Miniは、SIMフリーモデルが79,800円(税別)となっていますが、Xperia5IIはauから販売されている価格は99,478円(税別)、Softbankが104,728円となっており、約2万円の差があります。

まとめ

サイズが小型でコスパを考えるとiPhone12Miniが優勢です。
しかしながら、Xperia5Ⅱはソニーのαシリーズから継承したカメラの技術や画面のサイズ、外部メモリやイヤホンジャックが搭載されているため、好みによる所も多い。

2機種については、自身の好みに合わせた選択の部分が大きいため、この記事が選択の際に参考になったら嬉しいです。