iPhone12のカメラ性能はiPhone11程のレベル差はあるのか?(4/4)

NO IMAGE

iPhoneではこれまで、ストローなどの細いものについては、背景のボケと合わせて処理がれてしまい、細かい描写は難しかったです。
iPhone12になって、このストローボケの現象は改善したのでしょうか?

ストローのぼけ現象は解消したのか?

これまで、iPhone11とiPhone12のカメラ性能を比較してきましたが、人物写真や夜間撮影などについては、iPhone12の方が性能が高い事が証明されてきました。

こと、iPhone12は画質や処理の性能を上げてきているため、ストローぼけ現象が改善されるていることに期待しつつ、撮影を行って見ました。

結果としては、iPhone12のストローボケ現象については、改善されてはいるが、解消とまでは行っていない模様。

iPhone12のストローぼけは少なかったですが、背景とストローのコントラストがある場合にかなり制度が高く描写されていますが、背景と同色の様なコントラストが少ない場合においては、ストローぼけは発生してしまった。

かなり改善されたiPhone12ですが、あともう少しでこの問題が解消される日が来るのが近い気がします。

動画撮影はHDR対応

静止画のクォリティが大幅に改善されたことによって、動画撮影時に置いても同様に進化を遂げています。

このHDR撮影は高照度箇所に対してより明るくクリアになります。
HDR撮影を行う場合は設定からHDRをONにすることで撮影が可能になります。

しかしながら、HDRをONにするとDolby Vision形式で保存されることになり、再生についてはiPhone12で再生するか、Dolby Vision形式に対応した再生装置を用いる必要がある。

HDRで撮影を行った動画は、HDRと名前を加えて保存されます。
また、HDRビデオのオンとオフを撮り比べてみた結果と、全然違う映像になっていたので、HDRは有効な撮影設定であると思います。

カメラのためにiPhoneの買い換えはどうなの?

金銭的に余裕のある方は、iPhone12に乗り換えてもOKでしょう。
しかしながら、iPhone12Pro、iPhone12ProMAXの場合は望遠レンズも搭載されているため、急がないのであれば、少し様子を見ながら待って見るのも有りかと思います。

まとめ

iPhone12に買い替えを行う場合、メリットはあるのでしょうか?
iPhone12の進化は素晴らしいが、それがニーズに合っているかは疑問が残るところ。
夜のような暗い場所での撮影機会が多い方については、超広角でもナイトモードを使えるので個人的にはおすすめです。

といった感じです。

ちなみに私の場合は、iPhone 12 Pro MAXを待ってみるという手段、時期をみて購入とする方向で考えております。