格安SIMの通信速度ってなぜ遅い時間があるの?仕組みを知ると理由が明確に!

格安SIMの通信速度ってなぜ遅い時間があるの?仕組みを知ると理由が明確に!

格安SIMを契約している方は、体感的に混雑時(通勤時間帯、ランチタイム等)では通信速度が遅くなると感じているのではないでしょうか?

では、なぜそのような事が起こるのか?

大手通信キャリアとどう違うのか?

仕組みを知ることで、これから格安SIMを検討されている方、格安SIMの変更を検討されている方にお役立ち出来るような記事となっております。

大手通信キャリアはどの様に通信しているのか?

大手通信キャリアは、スマホと基地局が通信を行い、基地局から交換機と呼ばれるサーバー群を経由してインターネット等に接続する仕組みとなっている。

この時の通信速度は、基地局からの電波の状況に寄り変化する。

例えば、基地局配下に接続されているスマホの数が多くなると電波が混み合って速度が低下する。

逆に少なければ、速度はカタログ値通りとなる。

格安SIMはどの様に通信しているのか?

格安SIMの場合は、大手通信キャリアの設備を借り入れることによりサービスを提供している仕組み

大手通信会社のサーバー群から格安SIM会社で用意しているサーバー間で接続を行い格安SIMのサーバーからインターネットへ接続される

通信速度は、大手通信会社から格安SIM会社が契約している回線に依存する形となる

大手通信キャリアと格安SIMの違いはここ!

大手通信キャリアの場合は、基地局からの電波の混み具合によって通信速度が変化するが、格安SIMの場合はこれに加えて、大手通信会社のサーバー群から格安SIM会社が借りている回線容量によっても速度が変化する。

格安SIMの場合、大手通信キャリアから借りている回線容量分を格安SIM会社と契約しているユーザーでシェアする形となってるので、格安SIMユーザーの場合は基地局からの電波の混み具合の影響よりも、大手通信キャリアから借りている回線容量の大きさと格安SIMユーザーが使うデータ量の影響によって速度の変化が起こる。

大手通信キャリアユーザーの場合、速度影響は基地局配下のユーザー数による影響のみ

格安SIM会社のユーザーの場合、速度影響は基地局配下のユーザー数、大手通信キャリアから借りている回線容量に影響される。

格安SIMを契約し速度が遅いと感じ、多くの場合、格安SIMの場合でも基地局が混んでいるなどと説明される場合が多いと思うが、格安SIM会社の場合、大手通信キャリアから格安SIM会社が借りている回線容量の影響が大きいため、基地局の混み具合は軽微な物と考えて良い事になる

格安SIMが大手通信キャリアからどれ位の容量で契約しているのか?

実際のところ、通信会社間の契約となるため、どの格安SIMがどれ位の容量で契約しているかを知ることは一般的に出来ない。

しかしながら予測は可能です。

  • 格安SIM会社が大手通信キャリアから回線を借りる際、50万円/10Mbpsが現在の相場である
  • 格安SIMの相場は約2,000円/ユーザー

これらから、格安SIM会社が大手通信キャリアからどれくらいの容量で契約しているかが予測可能

2,000円のユーザーで50万円/10Mの回線をシェアした場合、50万円÷2,000円となり金額的には250人でシェアする事となる。

10Mbpsを250人でシェアすると、一人当たり0.04Mbpsとなる。

単位を変換すると一人当たり40kbps

月の容量を超えた場合、速度制限を受けたことがある方は感覚的に分かるとは思いますが、その場合は128kbpsの速度制限です。

格安SIMの混雑時は、速度制限時の1/3の速度となるのです。

これはかなり遅い。若しくは繋がらないと言っても良い速度になる。

格安SIMを選ぶ場合、単に料金のみで考えると全く使えない状況があると容易に推察する事が出来きます。

格安SIMの落とし穴!最大通信速度が出ない理由

ここで、もう一つ気にしておきたいのが格安SIM会社の最大通信速度

格安SIM会社が大手通信キャリアと契約している容量が最大速度となることも図から読み取って頂けるのでないでしょうか?

なので、どの格安SIM会社で契約をしても低速は免れないという事を理解しておきましょう。

大手通信キャリアの場合、下り最大速度は大よそ1.5Gbpsとなってきていますが、格安SIMではその恩恵は全く受けることは出来ないと考えて良いでしょう。

1.5Gbpsを格安SIM会社が提供する場合、10Mが50万円なので、月に7,500万円掛かります。

これを2,000円のユーザーでまかなうには、37,500契約以上が必要な計算になります。

大手格安SIM会社だとこの契約数は可能だと思いますが、1.5Gbpsの回線を37500人が使う事を考えると、1人で使う時間があるかと考えると全く無いと言ってよいと思います。(深夜4時頃なら可能かも知れませんが。。。)

これらの点を理解したうえで格安SIMの契約を検討しましょう!

格安SIMカテゴリの最新記事