ゼウスWiFiの料金や評判に加えてメリット・デメリットを紹介【在庫情報】

ゼウスWiFiの料金や評判に加えてメリット・デメリットを紹介【在庫情報】

ゼウスWiFiのサービス開始は2020年3月30日からされたモバイルWi-Fiサービスです。
容量無制限で2,980円と他の容量無制限より500円程度安く最安となっていて話題となっています。

ちょうどコロナウィルスの流行・拡大と時期が重なり、テレワークをする人が増えたため需要が増えている。
その理由は、容量無制限という事に加え、モバイルWi-Fiの場合は光回線とは異なり工事が不要なため契約後に端末が到着すれば直ぐに使えるというメリットもあるためです。

そんなゼウスWi-Fiですが、実際のところ他の容量無制限のモバイルWi-Fiと比べてどうなのでしょうか?

気になる料金や速度、メリット・デメリットなどを交えて紹介してい行きます。

コロナウイルスにより現在、端末・SIMの在庫不足による発送遅れが発生しているモバイルWi-Fiもあります。
気になる方は目次より在庫表へ飛んでください。

ゼウスワイファイって?

ゼウスWiFiはクラウドSIM技術を使ったモバイルWiFiサービス提供しています。
類似ののモバイルWiFi事業者からサービス開始に後れを取ったこともあり、容量無制限で2,980円という破格の料金で打って出ています。
CMでは、綺麗な女優さんが男性のシャワー中に現れたり、イメージカラーが黄色という事からかなり目立った形で登場しています。
このCMに登場する女優さんは山本舞香さんで詳細は他の記事に記載していますので是非ご覧ください^^

ゼウスWiFiの特徴:料金&キャンペーン

ゼウスWiFiの特徴の1つとして料金が他と比べて安く設定されています。
ゼウスWiFiのデビューキャンペーンで契約すれば、申込から6か月間は2,980円、7ヵ月目以降は3,280円で契約する事が可能となっています。
また、申込月は日割り計算となりますので、月末に契約をする場合でも損をすることはありません。

しかしながら、目にとまるCMによって知名度を大幅にあげているため、申し込みが殺到しています。
※当初は翌日出荷でしたが、現在では在庫不足により商品発送が申込から1~2週間程度掛かる様です。

また、キャンペーンの適用期間の終了時期は未定となっていますが、維持するために必要な恵康数を確保したらいきなりキャンペーンを終了する恐れがあります。

ドバドバ体験キャンペーン

ゼウスWiFiでは、実際に使って貰って体験できるキャンペーンとして「ドバドバ体験キャンペーン」を行っています。

この「ドバドバ体験キャンペーン」では、課金開始日から30日以内に解約を申し入れた場合、解約事務手数料の9,500円が無料になるキャンペーンです。
デビューキャンペーンと併用も可能なので、試しに使えるか確認したい方にはおすすめです。
もし、使えなくて解約する場合は、全て無料になる訳ではなく、契約時の事務手数料の3,000円の費用負担が必要です。

解約事務手数料 課金開始日~30日 0円(税別)
31日目~23ヵ月目 9,500円(税別)
24か月目~25ヵ月目 0円(税別)
26ヵ月目~47ヵ月目 9,500円(税別)
48ヵ月目~49ヵ月目 0円(税別)

キャンペン後の月額の料金プランは?

ゼウスWiFiでは、キャンペーンが終わった後でも月額料金で恩恵を受ける事が出来ます。
ゼウスWi-Fiのプランはデビューキャンペーンのプランとベーシックプランの2つが存在します。
キャンペーンを適用した場合、キャンペーンが終了しても月額3,280円とベーシックプランに比べて永年200円安く使う事が可能です。

ゼウスWiFiで現在契約できるプランはデビューキャンペンのみとなっていますので、今契約される方々はキャンペーン後3,280円で利用可能です。

3,480円だと他の容量無制限のモバイルWiFiと比べても大して安くはありません。
3,280円だと他に比べて多少安くなる感じです。

契約期間や更新月について

ゼウスWiFiの契約は、2年契約、自動更新です。
このため、解約したい場合には更新月だと解約事務手数料は無料になりますが、それ以外の月だと9,500円の費用が掛かってしまいます。
他の類似した容量無制限のモバイルWiFiでは、2年契約~1年契約で2年目以降は無料となるモバイルWiFiもあります。

一覧にまとめましたので、比較検討の材料にして下さい。

モバイルWiFi料金&在庫表

モバイルWiFi  月額料金 初期費用 使用回線 契約期間 解約事務手数料
ZEUS WiFi(※1)
(キャンペーン)
2,980円
(3,280円)
3,000円 3キャリア 2年
(自動更新)
9,500円
更新月:0円
ZEUS WiFi()
ベーシック
 3,480円 3,000円 3キャリア 2年
(自動更新)
9,500円
更新月:0円
THE WiFi  3,480円 0円 3キャリア 2年
(自動更新なし)
~2年:9,800円
2年~:0円
MugenWiFi
※1
3,280円
(在庫なし)
3,000円 3キャリア 2年
(自動更新なし)
~1年:9,500円
1年~2年:5,00円
2年~:0円
限界突破WiFi
※1
3,500円 0円 3キャリア 初回:2年
以降:1年
(自動更新)
~2年:18,000円
2年~:5,000円
めっちゃWiFi 3,480円 3,000円 3キャリア 2年
(自動更新なし)
~2年:9,800円
2年~:0円
どんなときもWiFi
※1
3,480円
(在庫なし)
3,000円 3キャリア 2年
(自動更新)
~1年:19,000円
1年~2年:14,000円
2年~:9,500円
更新月:0円
FUJIWifi
※1
3,480円
(在庫なし)
0円 3キャリア なし

※1:在庫なしの為、新規受付停止中(再開未定)

ゼウスWiFiの特徴:ネットワークと端末

ゼウスWiFiでは、クラウドSIM技術を採用していて、クラウドサーバー側にSIMカードが挿入されており、端末が起動時などにその場所で使えるSIMカードの情報をサーバから端末にデータをダウンロードして使う仕組みとなっています。

クラウドサーバー側にSIMカードが挿入されており、大手通信キャリア3社のネットワークに対応しています。
実際に使う際には、ユーザーの場所などから最適な大手通信キャリアのSIMを選択してダウンロードし、ネットワークに端末を接続します。

「モバイルWiFi料金&在庫表」の表を確認して頂けると分かりますが、コロナウィルスの影響により、一部のモバイルWiFiでSIMカードや端末の在庫不足が発生していて、新規契約を停止していたり、端末の在庫不足により端末の出荷が1~2週間程度の遅れが出ています。

ゼウスWiFiの端末の端末は?

ゼウスWiFiの端末はH01という、ゼウスWiFi専用のクラウドSIM端末です。
他のクラウドSIMを採用したモバイルWi-Fiでは、「U2s」が良く採用されていますが、ゼウスWi-Fiでは前面に画面のある専用の「H01」を採用しています。

「H01」は前面に画面を搭載していますが、バッテリー容量が2,700mAhとなっていて、若干心細いです。
「H01」の連続通信時間が10時間なのに対して、「U2s」の連続通信時間は12時間となってるので、コンセントの無い環境で連続使用をする場合は、モバイルバッテリーも併せて使いたいところです。

その反面、「U2s」のWi-Fi接続可能端末が5台(推奨2台)ですが、「H01」では、10台(推奨5台)となっていて、この点はとても使い勝手の良い仕様だと思います。
引用:ZEUS Wi-Fi公式サイトより

 

H01のスペック表

名称 H01
バッテリー 2,700mAh
連続使用時間 10時間
サイズ 126×64×13mm
重さ 130g
最大接続数 10台(推奨5台)
チップセット Qualcomm MSM8909
周波数帯 LTE-FDD
1/2/3/4/5/7/8/9/12/13
/17/18/19/20/26/28
LTE-TDD
34/38/39/40/41
WCDMA
1/2/4/5/8
GSM
850/900/1800/1900MHz
暗号化 WPA2-PSK
WLAN標準 IEEE802.11b/g/n
最大通信速度 下り150Mbps/上り50Mbps
付属品 Type-C ケーブル

ゼウスWiFiの実際の速度は?

ゼウスWiFiの「H01」の最大通信速度は、下り150Mbps、上り50Mbpsとなっていますが、容量無制限でそこまで速度が出せるとは思えません。

実際にキャンペーンを使って、試験的に使ってみましたが、平均的速度は10Mbpsを超えている感じでした。時々40Mbps程度の速度が観測されましたが、実際は下りで10Mbpsで容量無制限と考えておけば良いでしょう。

10Mbps出ていれば、特にストレスなくyoutubeを視聴する事は可能な速度です。

現在、コロナウィルスの影響でリモートワークが主体となっており、インターネット回線が無い方の多くが容量無制限のモバイルWi-Fiに飛びついている状況でクラウドSIMと言えど、混雑時は低速になります。
今後は徐々に速度が遅くなっていくと予測されます。

ゼウスWiFiの速度制限は?

ゼウスWiFiの公式サイトでは、毎月の容量制限や3日間制限等は無く、国内通信無制限とうたっています。
ゼウスWiFiの容量制限は完全に無い訳ではありませんので、データ通信量を多く必要とされる方は、他のモバイルWiFi同様に、ネットワーク占有レベルの大量通信が行われたり、違法DLを行った場合は速度制限の対象となります。

正利用・ネットワーク占有レベルの大容量通信をされた場合は、制限がかかることがございます。

国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、違法ダウンロードなどの不正利用または著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合のみ、該当のお客様に対し通信速度を制限することがあります。

上記のような利用でなければ、制限がかかることはございません。

(引用:ZEUS WiFi公式)

この場合の大容量通信によるネットワーク占有はどの位の大容量通信なのかは明確になっおりません。

しかしながら、今後モバイルWiFiの需要も増える事から、どこかのタイミングで速度制限を掛けて来ると想定されますので、契約時にはこちらの点も踏まえて確認しておきましょう

ゼウスWiFiの海外利用は?

ゼウスWiFiでは国内通信だけではなく、海外でもそのままの状態で通信を行う事が可能です。
ゼウスWiFiの海外利用時については、事前に対象国での利用申請を行う必要がります。
他のどスゴイWiFiと比べると事前設定の手間が増えます。(参考:ZEUS WiFi「海外エリア」)

ゼウスWiFiまとめ

ゼウスWiFiはキャンペーン適用するなら、他のモバイルWiFiサービスに引けをとりません
しかしながら、他の容量無制限のモバイルWiFiは在庫不足等の理由で軒並み新規契約を停止したり対応に追われる状況となってきています。
ゼウスWiFiでも、在庫不足による出荷遅延が発生していて、徐々に影響が広がっています。

テレワークなどで通信回線が必ず必要な場合は、在庫があるうちに契約をしておいた方が無難です。

 

モバイルWi-Fiカテゴリの最新記事