格安SIMの楽天モバイルのスーパーホーダイの料金や端末はどうなの?

格安SIMの楽天モバイルのスーパーホーダイの料金や端末はどうなの?

格安SIMを検討していて、CM、通話や料金、イメージなどで契約を考えている、そこのあなた。
なんとなく「良いんじゃない」とか「良さそう」などで決めようとしていませんか?

実際、格安SIMを比較したり、料金を調べたりしていると、良く分かんなくなってきて、とりあえず良さそうだし、友だちも使っているから…なんとなく。って方が多いんじゃないかと思います。

でもそれって、実際のところ仕方ないです。

だって、格安SIMを提供している会社は数多く、docomo系の格安SIMで30社、au系で7社、Softbank系では5社となっており、合計でおおよそ40社以上あります。

今まで大手通信キャリア3社の中から選んでいたのに、格安SIMに変更しようとした途端、膨大な情報を整理しなきゃいけなくなってしまってるのだから、それもそのはず。

そんなあなたのために、格安SIMの楽天モバイルを検討する材料として、メリット・デメリットをできるだけ分かり易く紹介していきたいと思います。

楽天モバイルのメリット・デメリット

ではここで、楽天モバイルの格安SIMのメリット・デメリットを確認していきましょう!

楽天モバイル の格安SIM4つのメリット

  1. 楽天ポイントがつく。楽天ポイントが利用出来る
  2. 10分までかけ放題のプランが格安SIMの中でも月額料金が安め
  3. 容量を使い切っても驚きの最低速度1Mbps
  4. キャンペーンが多く、端末が易く買えたりキャッシュバックがある

楽天モバイルのメリット:その1

楽天モバイルを契約する最大のメリットはなんと言っても、楽天ポイントです。
楽天モバイルの通話SIMを契約すると、楽天市場の買い物ポイントがいつでもポイント+2倍です。

楽天モバイル 通話SIMをご契約の方のみですが、楽天市場のお買い物がいつでもポイント+2倍になるのでお得です。

そして貯まったポイントは、月々のお支払いや楽天モバイルの端末購入に利用できますので、この点がもっとも大きなメリットだと言っていいでしょう。

楽天モバイルは定期的にポイントアップキャンペーンを行っているので、継続して利用することで、その恩恵をフルに活用することも可能です。

他にもお得なポイントゲット方法としては、楽天カードとアプリを利用して楽天市場で買い物をすると、ポイントを最大6倍ゲットすることも可能になります。
1,000円の買い物をした場合、60円相当のポイントが付く事になりますので、普通に買い物をするよりはお得です。

楽天市場の場合、お店によっては「ポイント2倍」やポイント5倍などのポイントが多く設定されている事があるので、それらと合わせると更にお得です!

楽天市場は様々なお店が入っているので、日常的に購入する食料品、衣服も売っていますので、買い物をさあれる場合は活用すると通信料金だけでなく日常的に経費を抑える事が可能です。

なので、普段スーパーやショッピングモールで買って居るものを楽天市場で買い物するだけでポイントがどんどん貯まっていくのでかなり、おすすめな格安SIMです。

さらには、貯まったポイントを失効しないように毎月の支払いから自動的にポイントを割り引く仕組みもあるので、ポイントを知らない間に捨ててしまっているなんて心配もありません。

楽天モバイルのメリット:その2

楽天モバイルでは音声通話のかけ放題としては、10分かけ放題のプランを用意しています。

10分間までなら回数無制限のかけ放題プランを出している格安SIM会社は複数存在しますが、そんな中でも楽天モバイルは割安な分類に入ります。

多くの格安SIMはオプションで10分間までのかけ放題プランが設定されていて、概ね850円前後です。
楽天モバイルの場合、スーパーホーダイプランで月々の料金の中にかけ放題が含まれています。
※楽天もオプションで「楽天でんわ10分かけ放題by楽天モバイル」というオプションがありますが、そちらは平均的な850円/月のオプションでかけ放題のプランがありますが、これがスーパーホーダイには含まれた金額になります。

楽天モバイルのスーパー放題プランの月額料金は下記の様になっています。

・スーパーホーダイS(2GB):1,480円/月→2年目以降は2,980円
・スーパーホーダイM(6GB):2,480円/月→2年目以降は3,980円
・スーパーホーダイL(14G):4,480円/月→2年目以降は5,980円
・スーパーホーダイLL(24GB):5,480円/月→2年目以降は6,980円

料金については、楽天会員価格を記載しました。
楽天会員への登録は無料、年会費も0円なので、楽天モバイルを契約するなら会員になる事を前提としています。ポイントも貯まりますしね^^

10分間かけ放題をオプションで追加することを考えると、他社と比較してもかなりお得です。

参考に10分かけ放題プランのあるMVNO各社の中で割安な会社と、楽天モバイルの価格を比較した一覧を下記に掲載します。

10分かけ放題プラン 料金表比較表
MVNO プラン名 データ容量 月額料金
楽天モバイル スーパーホーダイS 2GB 2年間1,480円
※2年目以降は2,980円
Y!mobile スマホプランS 3GB 6ヶ月:1,980円
6ヶ月以降:2,680円
LINEモバイル LINEフリープラン
+10分かけ放題
1GB 2,080円
(1,200円+880円)
イオンモバイル 音声プラン1GB
+10分かけ放題
1GB 2,130円
(1,280円+850円)
IIJmio ミニマムスタートプラン3GB
+通話定額オプション
3GB 2,130円
(1,600円+830円)
nuroモバイル Sプラン(D)
+10分かけ放題
2GB 2,200円
(1,400円+800円)

楽天モバイルのメリット:その3

楽天モバイルでは容量を使い切った場合でも速度制限の速度を1Mbpsと高速な設定をしてくれています。

通常、大手通信キャリアでもデータ量が契約容量を超えた場合速度制限が掛かりますが、その場合128kbpsとなります。この速度は、最低限使える、パケットを使ったIP通話が可能な最低ラインとなっています。

そして、この速度制限の1Mbpsって速度は、格安SIM各社の平均速度と同等ですので、かなりストレスが掛かりません。※ピーク時間帯は300kbpsの制限となってしまいます。

しかも!この1Mbpsの速度制限は楽天モバイルSIMアプリを使うことで、いつでも起動することが可能です!
速度制限をONにすれば、データ量の消費がされませんので、ある意味使い方によってはデータは使い放題となりますので、かなりオススメです。

これと同じ機能をOCNモバイルでも過去にサービスされていましたが、現在では廃止されていますので、OCNモバイルで契約されていた方の乗り換えには最適なのが楽天モバイルです。

楽天モバイルのメリット:その4

楽天モバイルでは定期期的に各種キャンペーンが実施されています。

人気の端末が安くなったプランだったり、光とセットで22,000円のキャッシュバックがあったり、タイミングが合えば迷うことなく、楽天モバイル1択になるキャンペーンが開催されます。

現在は最新機種を含め8端末が割引されたキャンペーンが開催されています。

・Galaxy A7:38,000円⇒23,000円
・AQUOS sense3 lite:29,819円⇒23,546円
・AQUOS sense3 plus:4,4364円⇒39,000円
・OPPO Reno A :35,273円⇒33,546円
・OPPO A5 2020 : 26,182円⇒24,455円
・Xperia Ace : 49,819円⇒40,819円
・Galaxy S10 : 90,728円⇒80,819円
・Galaxy Note 10+ : 115,273円⇒106,273円

などの割引キャンペーンが開催されています。
一般的な相場より、約10,000円ほど安く購入出来ますのでおすすめです。
格安SIM各社では端末をここまで安く販売することは無いので、長く使い続けるとしても楽天モバイルはおすすめです。

それでは、良いところばかりの様に見える楽天モバイルにデメリットはあるのでしょうか?

楽天モバイルの格安SIM4つのデメリット

  1. 格安SIMの中では高速の部類には入るが、UQモバイルやY!mobileには劣る
  2. チャットサポートが繋がらないもしくは繋がりづらい
  3. キャンペーンが多すぎて複雑

楽天モバイルのデメリット:その1

格安SIMの中ではそこそこ速度は出ている部類に楽天モバイルは入りますが、残念ながら最速ではありません。

au直系のUQモバイル、Softbank直系のY!mobileには速度では全く敵いません。


MMD研究所様参照 https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1786.html

実測値の平均としては、約1.4Mbpsとなっており、一般的な格安SIMの速度平均です。

速度に関しては、大手通信キャリア直系のUQモバイルやY!mobileがダントツで早いです。

速度を気にされる方は、UQモバイルやY!mobileを検討される方が良いと思います。

楽天モバイルのデメリット:その2

チャットサポートがとにかく繋がらない。。
日中は特に繋がりづらい傾向ですので、なにか困った時に直ぐに解決!ということはなさそうです。

一方で、夜間はスムーズに繋がり易いので夜に質問をすると良いかも知れません。

受付時間は9:00〜24:30と深夜まで対応してくれているので、夜間に問い合わせしましょう。

そうはいっても急ぎの場合は困りますよね。。
そんな場合は、類似の対処方法があるかも知れませんのでAIチャットを試してみるのもありです。
簡単に問題解決方法が見つかる可能性もあるので。。

楽天モバイルのデメリット:その3

キャンペーン多く、とても魅力を感じる一方でとても分かり辛くなっている場合があります。

キャンペーンを知って契約しようか色々調べている間にキャンペーンが終了してしまっていたり、キャンペーンが適用されると思って契約しようとしたら、対象外だったりとか。。

特に期間が数週間とこまめに設定されている傾向があるので、定期的にキャンペーンを確認することと、キャンペーンの詳細をチェックする必要があります。

この点については楽天モバイルに限ったことではなく、格安SIMを契約する上ではかなりの情報を整理する必要がありますので、是非このサイトをブックマークして、定期的に訪れる様にしてみてはいかがでしょうか?

【まとめ】楽天モバイルを契約するか否か

楽天モバイルはポイントのお得感、速度制限1Mbps機能を使えば容量無制限と同等に使えるのでとてもオススメ出来ます。

しかしながら、速度があまり出ないのでその点が問題ないのであれば楽天モバイルが良いと思います。
しかし、速度を気にされるのでああれば、UQモバイル、Y!mobileを検討してみた方が良いです。

格安simカテゴリの最新記事