ソフトバンク系格安SIMから速度比較の結果おすすめ2社を御紹介!【2020年1月】

ソフトバンク系格安SIMから速度比較の結果おすすめ2社を御紹介!【2020年1月】

格安SIMを選ぶ場合にやはり抑えたいのは料金ですよね?

今、契約されている携帯会社がソフトバンクの場合、ソフトバンク系の格安SIMを選ぶ事で、さらに費用を抑えることが出来ます。

それは、今お使いのスマホをそのまま使用する方法です。

今お使いのスマホを他社で使う場合、SIMロックを解除する必要があり、約3,000円の事務手数料が掛かります。

どうしてもソフトバンクの回線は使いたくない等の理由が無ければ、スマホをSIMロック解除する事無くそのまま使う方法がおススメです。

ソフトバンク系格安SIMの料金比較

先ずは、料金がどれくらいなのかを知っておく必要がありますので、料金比較していきたいと思います。

では、ソフトバンク系格安SIM10社の料金を見ていきます。

料金プランは音声プランとデータ専用プランがありますので、併せて見ていきます。

音声プラン

1G 3G 6G 8G 10G 20G 30G
b-mobile 990円 1,390円 1,990円 2,390円 2,790円 4,790円
リペアSIM 1,280円 1,780円 2,180円(5G) 2,780円(7G) 3,480円 4,980円
NUROモバイル 1,680円(2G) 2,800円(7G) 3,680円(13G)
QTモバイル 1,700円 1,800円 2,500円 3,500円 5,100円 7,100円
スマモバ
H.I.Sモバイル 1,670円 2,170円(5G) 3,070円 4,070円(15G) 6,920円
Y!mobile 2,680円 3,680円(9G) 4,680円(14G)
U-mobile
LINEモバイル 1,690円 2,220円(5G) 2,880円(7G) 3,220円
mineo 1,950円 2,630円 3,570円 5,030円 6,950円

音声プランではb-mobileが全般的に割安な料金設定なのが分かります。

料金のみでアラブならb-mobileがおススメです。

スマモバ、U-Mobileについては、ソフトバンク回線を扱っているものの、データ専用SIMのみしか取り扱っていないので、実質8社の料金比較となってしまっています。

ソフトバンクをauは格安SIMに回線を貸し出す会社が少ないため、格安SIM事業者が参入しづらい会社の様です。

なので、格安SIM会社によっては大手通信キャリア3社のSIMを取り扱っていても、ソフトバンクだけ料金が高い場合があります。

mineoの料金表を見ると実情が見えてきますね、、

データ専用

1G 3G 6G 8G 10G 20G 30G
b-mobile 480円 850円 1,450円 2,190円 3,280円(15G)
リペアSIM 500円 900円 1,580円(5G) 1,980円(7G) 2,480円 3,980円
NUROモバイル 980円(2G) 2,100円(7G) 2,980円(13G)
QTモバイル 800円 900円 1,550円 2,550円 4,200円 6,200円
スマモバ 4,480円(3G/day)
H.I.Sモバイル 700円 1,200円(5G) 2,100円 3,100円(15G) 5,950円
Y!mobile 1,980円 3,696円(7G)
U-mobile 880円 1,580円 2,980円(7G) 4,980円
LINEモバイル 1,110円 1,640円(5G) 2,300円(7G) 2,640円
mineo 990円 1,670円 2,610円 4,070円 5,990円

データ専用SIMでもb-mobileの料金が一番割安な設定になっています。

ここで、注目したい料金プランはスマモバの1日3Gまで使えるプランです。

毎日動画を楽しむ方などにはとてもおススメのSIMになります。

IT技術者おススメのソフトバンク系格安SIM3社はこれ!

料金比較を行ってきましたが、料金と同時に気になるのが通信速度

通信速度も考慮して、IT技術者がおススメするソフトバンク系格安SIMを紹介します!

ソフトバンク系格安SIMおススメ①

料金比較ではあまり目立っていませんでしたが、IT技術者がおススメする格安SIMは・・・

Y!mobileです。

なぜ、Y!mobileをおススメするのかというと、格安SIMは仕組み上大手通信キャリアから回線を借り受けてサービスをしているため、通信速度はあまり早くありません。

しかしながら、Y!mobileはソフトバンク直属の子会社のため優遇されているようです。

そのため、平均的な通信速度は20Mbps出ており、ピーク時でも速度低下はさほど大きくありません。

若干料金は割高にはなりますが、ソフトバンクで契約するよりは月々の費用を抑えることが出来るのでおススメです!

ソフトバンク系格安SIMおススメ②

次におすすめしたいのが、b-mobileです。

料金が一番割安なのは上記の料金表から汲み取って頂けるかと思います。

通信速度についても、ピーク時でも4Mbps程度出ていますので実際に使ってもストレスはありません。

料金と速度のバランスでは、最良の選択になります。

ソフトバンク系格安SIMおススメ③

次にお勧めしたいのが、データを多く使われる方向けに、1日3Gが条件となっているスマモバです。

1日3Gなので、月におおよそ90G使える事になるので、データを大量に使う方にはとても割安なプランがあるスマモバが最良の選択です。

どうしても月末に低速になってしまう方は、1日で速度制限がリセットされるので、3G使い切ってしまっても翌日まで我慢するかWiFiを捜せば問題は解消されます。

また、ソフトバンク系の格安SIMでは容量無制限のプランは他にはないので、無制限のプランを検討されている方はスマモバ以外の選択肢は無いと思います。

格安simカテゴリの最新記事