ソフトバンクが5Gスマホ4機種「AQUOS R5G」「Axon 10 Pro 5G」などを紹介

ソフトバンクが5Gスマホ4機種「AQUOS R5G」「Axon 10 Pro 5G」などを紹介

ソフトバンクは5Gの商用サービスを2020年3月27日から開始します。
それに向け、5Gに対応したスマートフォン4機種を発表しました。
このうち価格、詳細が明確になっているのは「AQUOS R5G」「Axon 10 Pro 5G」

これ以外のスマートフォンも2020年3月27日から順次発表するとの事です。

5G対応のスマートフォンのラインアップは下記の4機種です。
・シャープ「AQUOS R5G」
・ZTE「Axon 10 Pro 5G」
・LG「LG V60 ThinQ 5G」
・OPPO「OPPO Reno3 5G」

これらの4機種について詳細スペックと価格を比較して、いきたいと思います。

気になるスペックは?

5GではLTEの通信速度と比較して、100倍の通信速度が可能となります。
5Gの通信速度にスマートフォンが対応出来るかが大きなポイントです。

4機種のスマートフォンついて、スペックと価格を比較してみていきます。

SHARP AQUOS R5G

OSはAndroid10、CPUはSDM865(オクタコア)2.8GHz+1.8GHzとなっており、最新のスペックです。
価格は、2,700円×48カ月(129,600円)とかなり高額な部類にはいります。

最大通信速度は5Gでは下り2.0Gbps、上り103Mbps
4Gでも下り988Mbps、上り46Mbpsとなっています。

5Gの通信速度は、高速なため現在の最高スペックのスマホが必要になるのは致し方ありません。

詳細スペックは、下記の表に通りです。

サイズ
約75×162×8.9mm
重さ 約189g
連続通話時間 5G:約1820分
4G LTE(FDD-LTE):約1820分
連続待受時間 5G:約450時間
4G LTE(FDD-LTE):約450時間
4G(AXGP):約450時間
充電時間 約170分(USB Type-C PD対応 ACアダプタ)
バッテリー容量 3730mAh
OS Android™ 10
CPU SDM865(オクタコア)2.8GHz+1.8GHz
ROM 256GB
RAM 12GB
外部メモリカード microSDXC
外部メモリ容量 最大1TB
最大通信速度(下り)
5G:2.0Gbps
4G:988Mbps
最大通信速度(上り)

5G:103Mbps
4G:46Mbps
VoLTE(HD+) 対応
VoLTE 対応

ZTE Axon 10 Pro 5G

OSはAndroid10、CPUはSDM865(オクタコア)2.8GHz+1.8GHzとなっており、こちらも最新のスペックです。
価格は、1,860円×48カ月(89,280円)とこちらもかなり高額な部類にはいります。

通信スペックについては、AQUOS R5Gと同様になります。
最大通信速度は5Gでは下り2.0Gbps、上り103Mbps
4Gでも下り988Mbps、上り46Mbpsとなっています。

サイズ
約73×159×7.9mm
重さ 約176g
連続通話時間 5G:約1460分
4G LTE(FDD-LTE):約1500分
連続待受時間 5G:約600時間
4G LTE(FDD-LTE):約600時間
4G(AXGP):約580時間
充電時間 約130分(USB Type-C PD対応 ACアダプタ)
バッテリー容量 4000mAh
OS Android™ 10
CPU SDM865(オクタコア)2.8GHz+1.8GHz
ROM 128GB
RAM 6GB
外部メモリカード microSDXC
外部メモリ容量 最大2TB
最大通信速度(下り)
5G:2.0Gbps
4G:988Mbps
最大通信速度(上り)

5G:103Mbps
4G:46Mbps
VoLTE(HD+) 非対応
VoLTE 対応

LG V60 ThinQ 5G

OSはAndroid10、CPUはSDM865(オクタコア)2.8GHz+1.8GHzとなっており、こちらも最新のスペックです。
価格は、現在未定となっており、随時発表になる予定です。(発売は4月下旬予定)
このスマートフォンは2画面の折りたたみ形状となっており、2画面で使う事も2画面を1画面として使う事も可能です。

通信速度についても同様の内容になると想定されますが、現在は測定中となっています。

サイズ
約166×177×15mm
(本体のみ:約78×170×9.2 mm)
重さ 約353g
(本体のみ:約218g)
連続通話時間 5G:測定中
4G LTE(FDD-LTE):測定中
連続待受時間 5G:測定中
4G LTE(FDD-LTE):測定中
4G(AXGP):測定中
充電時間 測定中
バッテリー容量 5000mAh
OS Android™ 10
CPU SDM865(オクタコア)2.8GHz+1.8GHz
ROM 128GB
RAM 8GB
外部メモリカード microSDXC
外部メモリ容量 最大512TB
最大通信速度(下り)
5G:測定中
4G:測定中
最大通信速度(上り)

5G:測定中
4G:測定中

OPPO Reno3 5G

OSはAndroid10、CPUはSDM765G(オクタコア) 2.3GHz+2.2GHz+1.8GHzとなっており、こちらも最新のスペックですが、他の3機種と比較すると若干劣ります。。
価格は、現在未定となっており、随時発表になる予定です。(発売は7月下旬予定)

「OPPO Reno3 5G」の特徴は、インカメラをディスプレイ内に配置し、画面が本体サイズと同じくらい大きくなっていて、画面占有率は93.4%となっています。
ディスプレイは約6.55型有機ELでとても綺麗です。

サイズ
約72×159×7.7mm
重さ 約171g
連続通話時間 5G:測定中
4G LTE(FDD-LTE):測定中
連続待受時間 5G:測定中
4G LTE(FDD-LTE):測定中
4G(AXGP):測定中
充電時間 測定中
バッテリー容量 4025mAh
OS Android™ 10(ColorOS 7.0)
CPU SDM765G(オクタコア) 2.3GHz+2.2GHz+1.8GHz
ROM 128GB
RAM 8GB
外部メモリカード 非対応
外部メモリ容量 非対応
最大通信速度(下り)
5G:測定中
4G:測定中
最大通信速度(上り)

5G:測定中
4G:測定中

Sofutobankの5GスマホのBEST BUYは、どれ?

Softbankから販売される5G対応スマートフォンでは、「AQUOS R5G」が今のところおすすめです。

他のスマートホンも魅力的ですが、カメラやディスプレイを考慮すると「AQUOS R5G」となります。
引き続き、後続のスマートフォンについても継続してみてきますので、是非またこちらへお越しください

格安simカテゴリの最新記事