格安SIMキャンペーン比較ランキング【2020年2月版】

格安SIMキャンペーン比較ランキング【2020年2月版】

格安SIMを検討する際に陥りやすいのが、大手通信キャリアだと3社の中から選べば良かったですが、格安SIMの場合は20社以上存在していて、その分情報量が多すぎて疲れてしまいます。

てっとり速く、価格.COMなどの比較サイトで比較して契約される方も多いのでは無いでしょうか?

価格.com等の比較サイトを否定するつもりはありませんが、料金相場やキャンペーンを知るだけであればとても便利だと思いますが、その情報は広告掲載やアフィリエイト(紹介マージン)等を得るために若干歪められています。
でも、全て歪められている訳ではありません。
売りたいものを表示しているだけです。
紹介マージンなどが発生しない格安SIMなどは掲載されていないのが実情です。
これは、仕組み上しかたが無いことです。

このサイトには、その様な掲載に対しての縛りはありませんので、格安SIM全般でのキャンペーンなどをまとめた上で、おすすめの格安SIMを紹介していこうと思います。

格安SIMには大きく分けて、電話番号がある音声通話SIMと、データ通信用SIMがあります。
料金的には高額な音声通話SIMの方が利益を出せるので、キャンペーンが多くなっています。
この記事では、音声通話SIMのランキングとデータSIMのランキングを分けて掲載しますので、目次から、目的のSIMの情報にスキップして下さい。

尚、今回掲載しているランキングは、月額割引額やキャッシュバックを重視した形で掲載しています。

では、SIM種類別のキャンペーンおすすめランキングを見ていきましょう!

音声通話SIMキャンペーン比較ランキング

第1位:QTモバイル

QTモバイルのキャンペーンは、月額料金が1年間、最大15,120円引き&商品券8,000円プレゼント
合計で2万円以上お得になるキャンペーンです。

月額料金の割引が最大になるのはデータ+通話コースで6GBのプランを選択した場合、月額2,250円が990円に1年間割引される料金プランの場合です。
最低利用期間が12ヶ月なので、1年間利用してみて1年後の同じ時期に見直すと良いでしょう。

また、商品券8,000円分プレゼントのキャンペーン内容はというと
・データ+通話コース(1/3/6/10/20/30GB)のプランの申し込み
・データ+通話SIMと格安スマホをセットで申し込み
上記の申し込みの際に申し込みページ内のエントリーコード欄に「BBZZ00000000」
クーポンコード内に「QTMAFCP」を入力することで適用となり、ます。
併せて、上記で契約したプランを継続して6ヶ月以上していると7ヶ月目の末頃に8,000円分のJCB商品券がお手元に届く仕組みです。

これらのキャンペーンの終了時期は明確になっていませんが、キャンペーンが3ヶ月位の間隔で更新されているので、契約を検討されている方は早めのほうが良さそうです。

QTモバイルの料金プランサイトはこちら
QTモバイルのキャンペーンサイトはこちら

第2位:LIBMO

LIBMOのキャンペーンは、最大2万円のキャッシュバックです。

キャッシュバックの金額については契約プランによって異なります。

料金プランとキャッシュバック額

・ライトプラン(200kbps):8,000円のキャッシュバック
・3GBプラン:14,000円のキャッシュバック
・6GBプランと10GBプラン:17,000円キャッシュバック
・20GBと30GBとプラン:20,000円キャッシュバック

3GBのプランは月額1,580円のプランなので、約9ヶ月分の料金が無料になる計算です。
6GBのプランの月額は2,180円のプランなので、約8ヶ月分の料金が無料になります。

上記からすると、3GBがおすすめです。
おすすめの方としては、あまりデータ量を必要としていない方が対象です。

キャッシュバックは契約から6ヶ月目にキャッシュバック申請書が契約住所に届きますので、振込先口座を返信すると、7ヶ月目の月末にキャッシュバックが口座に振り込まれる仕組みです。

キャンペーンの終了時期は未定です。
キャンペーンはいつ終わるかわかりませんので、なる早がおすすめです。

LIBMOのキャンペーンサイトはこちら

第3位:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのキャンペーンは新規に音声通話SIMの3GB以上のプランを契約した場合に適用になります。
個人的にはこのプランがエンタメフリー(youtube等の動画をよく見るので)が付いて来るので嬉しいです。

・契約初月の月額料金が無料
・契約月の翌月から6ヶ月間の月額料金が1,200円割引(合計で7,200円割引)
・エンタメフリー オプションが半年間無料(通常月額480円)
・BIGLOBEで使えるGポイントが3,000ポイントプレゼント(Gポイントは3,000円分の料金の支払いに使えます。)

このキャンペーンは2020年3月31日までとなっています

BIGLOBEのキャンペーンサイトはこちら

第4位:LINEモバイル

LINEモバイルのキャンペーンは月額料金が2ヶ月無料&5,000ポイントプレゼントです。
月額料金が2ヶ月無料になるのは、音声通話SIM限定で3GB以上のベーシックプランを契約した場合に適用になります。

5,000ポイントプレゼントについては
①申込時にキャンペーンコードを入力:LINE payの場合「PB053」、LINEポイントの場合「LN053」を入力
②対象プランを選択(ベーシックプラン3GB、6GB、12GB)を選択
③対象データフリーオプション(SNSデータフリー、SNS音楽データフリー)を選択
④利用開始後、契約者連携をする ※LINE Pay残高を特典として選択した場合はLINE Payの登録も必要

上記を行うことで特典を受ける事が出来ます。

LINEモバイルのキャンペーンサイトはこちら

第5位:IIJmio

IIJmioのキャンペーン内容は
・初期費用の3,000園が1円(対象プラン音声通話SIM3/6/12GB)
・ファミリーシェアプラン12GBなら月額料金が6ヶ月間1,280円割引(合計7,680円割引)
⇒通常3,260円のプランが6ヶ月間1,980円
・10分かけ放題が通常830円を7ヶ月無料(対象プラン音声通話SIM3/6/12GB)
・他社からのMNP乗り換えで1回線あたり6,000円(1人5回線まで適用)

キャンペーン期間は、2020年3月31日までとなっています。

IIJmioのキャンペーンサイトはこちら

第6位:UQモバイル

UQモバイルのキャンペーンは、下記の内容です。
・MNPでの乗り換えの場合6,000円のキャッシュバック
・新規の場合は3,000円キャッシュバック

この内容で契約時の事務手数料が無料になります。
MNPの場合は転出処理に掛かる費用が補填される形になります。

キャンペーンのキャッシュバック特典を受けるには、スマホプランのS/M/Lのいづれかを契約する必要があります。
スマホプランSは3GBで1,980円
スマホプランMでは9GBで2,980円
スマホプランLでは14GBで3,980円

他の条件としては、UQオンラインショップからの契約の場合に適用になります。

キャッシュバックは、契約月から4ヶ月目に申込み時に登録したメールアドレス宛に送付されます

契約月の翌々月にキャッシュバックの案内メールが届きます。
案内は、申し込み時に入力したメールアドレス宛に届きますので、申込時に正しいメールアドレスを設定しておきましょう。

さらに、通話オプション(10分かけ放題、かけ放題、通話パック)を契約すると3GB⇒4GB、9GBが12GB、14GB⇒17GBと容量が増大します。
併せて、UQモバイルに加入している電話番号で”au ID”の登録を行う必要があります。

データSIMキャンペーン比較ランキング

第1位:QTモバイル

データプランでも1位に輝いたのはQTモバイルです。

このキャンペーンプランは6GBのプランを契約した場合に該当します。

6GBは通常1,550円が800円と750円割引になり12ヶ月間適用のため合計で9,000円割引になります。

キャンペーンの適用終了日は未定となっていますが、これも音声通話SIM同様3ヶ月間程度と考えておいたほうが無難です。
また、音声通話SIM同様、最低利用期間が12ヶ月なので、1年間利用してみて1年後の同じ時期に見直すと良いでしょう。

QTモバイルの場合、6GBのプランを使う場合、一番おすすめです。

QTモバイルのキャンペーンサイトはこちら

第2位:LIBMO

こちらも音声プランと同様に第2位に輝いたのはLIBMOです。
キャンペーンの内容は最大1万円キャッシュバックです。
キャッシュバックの金額については契約プランによって異なります。

料金プランとキャッシュバック額

・ライトプラン(200kbps):3,000円のキャッシュバック
・3GBプラン:5,000円のキャッシュバック
・6GBプランと10GBプラン:7,000円キャッシュバック
・20GBと30GBとプラン:10,000円キャッシュバック

3GBのプランは月額880円のプランなので、約5ヶ月分の料金が無料になる計算です。
6GBのプランの月額は1,480円のプランなので、こちらも約5ヶ月分の料金が無料になります。

上記からすると、微妙な差ですが3GBがおすすめです。
キャッシュバックは契約から6ヶ月目にキャッシュバック申請書が契約住所に届きますので、振込先口座を返信すると、7ヶ月目の月末にキャッシュバックが口座に振り込まれる仕組みです。

おすすめの方としては、あまりデータ量を必要としていない方向きです。

キャンペーンの終了時期は未定です。
キャンペーンはいつ終わるかわかりませんので、なる早がおすすめです。

LIBMOのキャンペーンサイトはこちら

第3位:エキサイトモバイル

エキサイトモバイルのキャンペーンは契約時の初期費用3,000円が無料というキャンペーン

あまり、魅力的に感じないかも知れませんが、エキサイトモバイルの契約形態は月額500円から使えて、データ使用量によって金額が変動する従量制で、最大10GBまでで2,380円までしか掛かりません。
しかも、最低利用期間がないので、格安SIMを試したい方にはうってつけです。

なので、格安SIMを初めて契約される方には、おすすめな格安SIMになります。

キャンペーン終了期間は未定ですのでお早めに。

エクサイトモバイルのキャンペーンサイトはこちら

第4位:IIJmio

IIJmioのデータプランでのキャンペーンは、事務手数料の3,000円が1円です。
対象となる契約は、3GB、6GB、12GBのプランです。

キャンペーンは2020年3月31日までとなっています。

事務手数料についてはあまり謳われませんが、MNPをする際には元々契約している通信会社へNMP転出手数料と新たに契約する通信会社への事務手数料が発生します。
MNP転出と合わせると事務手数料だけで5,000円程掛かりますので、意外と初月は費用がかさむので、ありがたいキャンペーンなんです。。

まとめ

格安SIMキャンペーン比較ランキングの結果は、いかがでしたでしょうか?

おそらく、価格.COM等で見かける結果とは異なったのでは無いでしょうか?
もし、余計に悩ませてしまう結果になってしまったら、ごめんなさい。

でも、あなたにとって最良のプランを掲載できたのではないかと思いますので、是非参考にしてみて頂けると嬉しいです^^

では〜!

格安simカテゴリの最新記事