格安SIMを安さだけで選んではいけない!後悔しないための基礎知識

格安SIMを安さだけで選んではいけない!後悔しないための基礎知識

「格安SIMって何だろう?」

「みんな乗り換えてるけどホントに安いの?」

「そもそも、格安SIMって何なの?」

最近、格安SIMって気になるけどどんな物か良くわからなくて・・・

結局使えないんでしょう?などと不安がある方も多いのも事実です。

値段だけで選んで、結果的に後悔。。なんてことは避けたい筈。

そんなあなたに少しでもお役に立てる情報をまとめてみました。

1分で分かる「格安SIM」

格安SIMとは、読んで字のごとく「格安」であるSIMカードの事です。

SIMカードとは、携帯会社と契約した際にスマホに挿す、あのカードの事です。

格安SIMでは格安でSIMを提供している会社と契約を行い、SIMカードを入れ替えることで月額費用を半額程度に抑える事が可能になります。

今お使いのスマホにもよりますが、現在使っているスマホをそのままで使う事も可能なので、初期費用は3,000円程度の事務手数料だけで済みます。

※大手通信キャリアで契約していた場合、解約違約金が掛かる場合がありますのでこちらの記事を確認してください。

また、格安SIMを提供している格安SIM会社では端末とセットで割安な契約プランも用意しているので、契約変更と同時にスマホの買替えを検討しているなら、セットでの契約をすることでコストを抑えることも可能です。

格安SIMってどんな仕組みなの?

格安SIMがなぜ安くて「格安」と呼ばれているのかという疑問があると思います。

格安SIMの事業者は、基地局なのどのインフラは持っていません。

基地局などのインフラ設備を持つ大手通信会社から通信サービスを仕入れ、仕入れた通信サービスを多くのユーザーで使用する事で一人当たりの費用を抑える事が出来る仕組みです。

料金の仕組みの詳細については別の記事で紹介していますので、こちらから確認してみて下さい。

図で出てきた、「MNO」、「MVNO」という言葉については、格安SIMを検討するにあたり必ず出てくる用語になりますので覚えておいて損はありません。

  • 大手通信会社:MNO(Mobile Network Operator)(移動体通信事業者)
  • 格安SIM提供会社:MVNO(Mobile Virtual Network Operator)(仮想移動体サービス事業)

格安SIMに変更することのメリット・デメリット

格安SIMに変更する事で変わることが大きく2つあります。

1つ目はメリットで「毎月の料金が半分程度に抑えることが出来る」

2つ目はデメリットで「通信速度が遅くなる」

最大のメリットは毎月の料金が半額程度になる

格安SIMの名があるように、格安SIMに変更するメリットは、「月々の料金が安くなる」という点が大きいです。

月々の携帯電話料金は固定費とも呼ばれ、毎月の生活費から確実に支出される部分になりますので、少しでも安く抑えたいと思うのは誰しも思うところ。

一般的に大手通信キャリアを利用している方の月々の料金は7,000~8,000円ほどと言われており。

一方で格安SIMを利用している方の月々の料金は2,500~3,000円程と言われています。

下の図はあくまでも例ですが、大よそ半額程度に節約出来ていることが分かると思います。

通信速度が遅くなるデメリットの原因は?

格安SIM提供会社は、大手通信キャリアから10Mbpsあたり幾らかで回線を借り入れ、ユーザーに提供しています。

例えば、格安SIM会社が10Mbpsで契約していた場合、1人のユーザーしか使っていなければ10Mbpsが最高速度という事になります。

しかしながら実際は100~300人程度で使う事になりますので、混雑時には数百kbpsしか出せなくなります。

これが大手通信キャリアと格安SIM提供会社の回線の根本的な違いです。

そして、格安SIM提供会社がそもそもで100Mbpsしか大手通信会社から借りていなかった場合、スマホやネットワークの能力では300Mbps提供できるインフラであったとしても最大通信速度が100Mbpsとなってしまう点も抑えておく必要があります。

格安SIMを選ぶ場合は、契約者数が多くおおもとの借用している回線が大きい格安SIM提供会社を選ぶ必要があります。

格安SIMと大手通信キャリアとのメリット・デメリット比較一覧

格安SIMを検討するにあたって、メリット・デメリットを記載してきましたが、一覧にまとめると下記の様になります。

項目 大手携帯会社 格安SIM
料金 高い 安い
料金プラン 複雑 単純
契約の縛り 2年ごとの縛り 少ない
購入可能端末 多い 少ない
サポート 全国にショップがある 基本的に電話がメイン
メール キャリアメールが利用できる キャリアメールが利用できない
通話 通話定額プランがある 通話定額プランがない
端末の初期設定 設定済みの端末がもらえる 自分でする必要がある
高速通信の安定性 いつでも高速なデータ通信 通信の混みあう時間帯で
通信速度が低下する場合が多い
LINEのID検索 可能 ほぼ使えない
テザリング 可能 使えないケースが多い

安易に格安SIMは料金が安いからと契約するのではなく、自身の利用に合わせたものを契約する事をおススメします。

格安simカテゴリの最新記事