iPhoneSE2の値段、ケース、大きさなど気になる情報まとめ

iPhoneSE2の値段、ケース、大きさなど気になる情報まとめ

通称iPhone SE2(オフィシャルサイトではiPhoneSE(第2世代))が2020年4月24日にAppleストアから発売になっています。
iPhone SE2については、Appleストア以外にもdocomo、au、softbankでも購入可能です。

この記事では、格安SIMでiPhoneSE2を使う場合に気になる点をまとめていますので、是非購入時の参考になれば嬉しいです。

iPhone SE2を購入する手順

格安SIMでiPhoneSE2を使う場合、Appleストアで購入ればSIMフリーなので、どの格安SIMでも使用かのなので一番手っ取り早いです。
・appleストアからの購入はこちら

格安SIMを使う予定が無く、大手通信キャリアでiPhoneSE2を検討されている方は、現在は下記から予約での購入が可能です。

・docomoからの購入はこちら
・auからの購入はこちら
・softbankからの購入はこちら

iPhone SE2の価格、スペックは?

iPhoneSE2の価格については「手にしたくなるものを手にしやすく」がコンセプトになっており、ハイスペック路線ではなくコスパが優先されています。
コスパ優先=低パフォーマンスなのでしょうか?
では、価格やスペックなどを詳しく見ていきましょう。

iPhoneSE2の価格

iPhoneSE2の価格は、AppleStoreでは、64GBモデルが44,800円(税抜き)、128GBモデルが49,800円(税抜き)、256GBモデルが60,800円(税抜き)となっています。
さらにapple製品をお使いの方は、割引価格で購入が可能です。
ただし、製品の状態によって下取りとならない可能性もあります。

それから、iPadの場合は期間が限定されており、5/31まで下取り対象となっています。

デバイス 機種名 最大下取り価格
iPhone iPhone XS Max 40,000円
iPhone XS 37,000円
iPhone XR 28,000円
iPhone X 28,000円
iPhone 8 Plus 23,000円
iPhone 8 16,000円
iPhone 7 Plus 16,000円
iPhone 7 9,000円
iPhone 6s Plus 9,000円
iPhone 6s 6,000円
iPad iPad Pro 42,000円
iPad 13,000円
iPad Air 10,000円
iPad mini 10,000円
Mac MacBook Pro 78,000円
MacBook Air 52,000円
MacBook 25,000円
iMac 45,000円
Mac Pro 67,000円
Mac mini 44,000円
Apple Watch Apple Watch Series 4 9,000円
Apple Watch Series 3 7,000円
Apple Watch Series 2 5,000円
Apple Watch Series 1 2,000円

iPhoneSE2の特徴

iPhoneSE2については、コスパが高いことをapple側もうたっていますが、実際はどうなのでしょうか?

iPhoneSE2のチップはなんと、iPhone11proと同じA13 Bionicを使用していますのでかなり高速でストレスフリーです。
A13 Bionicは現在のスマートフォン用のチップとしては最速といっても過言ではないでしょうか。

iPhoneSE2のカメラは1,334×750ピクセルとなっており、A13 Bionicチップと組み合わせる事で一眼レフの様な奥がボケた撮影やポートレートライティング エフェクトが6種類用意されていて最適な光での撮影をすることも可能になっています。
また、次世代スマートHDRによって写した画像を顔認識して、輪郭や肌のトーンをより美しく撮影する事も可能です。

動画撮影では、4Kでのビデオ撮影が可能です。
さらには、1,400:1のコンストラスト比により、明るい部分と暗い部分がより詳細に撮影する事が可能です。

何気に一番ありがたいのは、ホームボタンが以前のボタンが搭載されていることです。
以前のホームボタンと同様にTouch IDによる認証も可能です。
コロナウィルスでマスクをする機会も多いですから、この機能が戻ってくるのはとても助かりますね~

防水機能はというとIP67規格に準拠していて、水深1メートルで30分間の防水性能を持っているため、日常生活で水没する事はありません。

バッテリーは、iPhone8とほぼ同じ駆動時間となっており、動画視聴の場合、連続13時間視聴が可能です。

OSはiOS13となっており、これも最新スペックです。

液晶画面はiPhoneSE(第1世代)では4インチでしたが、iPhoneSE2では4.7インチと丁度いい大きさとなっています。

ボディ色は3色用意されていて、黒、白、赤(PRODUCT RED)となっています。

iPhoneSE2の対応周波数は?

iPhoneSE2を使用するには、Wi-Fiのみでも使用可能ですが、基本的には通信キャリアと契約し、SIMを挿入して使われる方が多いと思います。
その場合、通信キャリアが提供している周波数と一致しているところが多ければ、通信速度も向上しますので、iPhoneSE2と通信キャリアの対応バンドを確認しておきましょう。

表はモデルA2296の対応周波数となっています。
また、CDMA(au)、3G(docomo、softbank)については周波数が重複しているため、LTEのみの記載となっています。
結果を先にお伝えすると、iPhoneSE(第二世代)のA2296モデルは、日本国内の大手通信キャリアに概ね対応しているので、格安SIMを使う場合どこを選んでも問題ありません。

iPhoneSE(第二世代)
対応周波数

FDD-LTE バンド1
バンド2
バンド3
バンド4
バンド5
バンド7
バンド8
バンド11
バンド12
バンド13
バンド17
バンド18
バンド19
バンド20
バンド21
バンド25
バンド26
バンド28
バンド29
バンド30
バンド32
バンド66
TD-LTE バンド34
バンド38
バンド39
バンド40
バンド41
バンド42
バンド46
バンド48

気になるケースは?

iPhoneSE2のAppleStoreで販売されているケースは、シリコン製で3色用意されています。
カラーは、ピンクサンド、ホワイト、ブラックの3色です。
価格は、3,800円(税抜き)となっています。
まぁ、可もなく不可もなくといった価格設定です。

純正品のカバーもありですが、同様の商品であればアマゾンで1,500円程度で現在は購入可能となっています。
個人的なおススメは、どうしても液晶が割れてしまうという方におすすめは、もちろん衝撃吸収タイプがあります。
衝撃吸収タイプは大きくなってしまう傾向があるので、それを好まない方も多いかと思いますので、その場合はバンパータイプを選ぶと良いでしょう。
アマゾンでは純正品より低価格で販売されているので、こちらからチェックしてみて下さい!

格安simカテゴリの最新記事